京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

「脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒(羽田酒造)」を飲んでみた

投稿日:

家呑みログ、47本目。
47本目にしてやっと捕獲しましたよ、っと。

今回は、京北にある羽田酒造さんの“脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒”です。
「脱兎」に親近感。ずっと「飲めたらいいなぁ」と思ってたお酒ぇ~!

羽田酒造さんの生原酒は、穏やか。
アルコール度が高いわりに飲みやすいので、泥酔注意銘柄かも?

ではさっそく、レビューします。

羽田酒造「脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒」の感想

ボクのアカウント名は「ダット」です。
卯年生まれなのと、なじみやすい響きにしたくて付けた名前です。

で、日本酒を飲み始めて「脱兎」という銘柄があることを知りました。
しかも、京都市内にある羽田酒造さんが造ってるというじゃないですか。

ダット
これは、絶対飲んでみたい!

でも、どうやら一部の酒販店限定であまり大々的に出回ってないみたいなのです。
なら、まぁしょうがない。いつか出会う日を楽しみに待とう・・・。

ニャコ
特約店に買いに行ったり、ネットで注文したらええんちゃうん?
ダット
そこは「偶然の出会い」を大事にしたいやん?
歩くのしんどいし、ECは送料かかるし、冷蔵庫も満杯やん?
ニャコ
そこはかとなく「アカンタレ」感を感じる。
そういうのを「やらない理由探し」って言うんや。
ダット
ぐはぁっ!・・・図星ですが、ディスり過ぎ。

で「大手筋の京極屋さんにあるよ」という情報をいただき、行ってきところ・・・。

捕獲しましたよ、っと。
(情報くださったyoshiraigerさん、ありがとうございます!)

脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒 表

脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒 側面

ペールブルーのビンですな。
エビデンス的に未確定?でも、早めにいただくのが吉ですな。

日本酒の「薄い青ビン問題」ご存じない方のために。
こちらのツイートを貼っておきますね。

では、飲んでみます。

ニャコ
香りは、かなり控えめやね。
花のような甘さと、マジックペンみたいなスーっとする爽やかさ。
ダット
甘味は、落雁とか和菓子のような上品な感じ。
奥の方に、熟したメロンのような甘味もいる気がする。
ニャコ
酸味は、ブワッと広がっていくね。
苦味はおだやかやけど、ちょっと硬い?
ダット
それにしても、無濾過生原酒とは思えない優しさ。飲みやすいね。

一口目で思ったのは「優しい」ですね。
17.5度あるけど、油断しそうな口当たりの良さですよ。

前回の「蔵人いちおし」でも思ったけど、羽田酒造さんのお酒は飲みやすいなぁ。

236view
初日の出“蔵人いちおし”純米吟醸生原酒(羽田酒造)を飲んでみた

家呑みログ、25本目。 今回は“蔵人いちおし しぼりたて 純米吟醸生原酒 無濾過直詰”というお酒の感想です。 すごく優し ...

続きを見る

どちらかというと、薄味の料理がいいかも。
キレが良いので、ウォッシュ効果を使いたい料理(魚など)もよさそうです。

羽田酒造さんがある京北は、伏見より倍ぐらい硬水らしいです。
やや硬くて尖った味わいだけど、しばらく置くと丸くなるのかも?

羽田酒造「脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒」でペアリング

さて、今回すぐに「あれと合わせたい!」と思ったのがチキン南蛮。
サッパリしたチキン&タルタルソースは、このお酒と相性いい気がします。

で、やってみたら・・・合いますね。

チーズの生ハム巻きも添えてみたけど、これも美味しい。
塩味との相性もいいです。

チキン&タルタルソース

あと、もうひとつ。
チジミ&チャプチェも、やってみたいなぁと。

けっこう酸味があるからかな?
韓国料理にも合う感じです。

チジミ&チャプチェ

サンラータン風に酸っぱくしたラーメンも、グッド。

塩味や酸味がある料理が、このお酒と仲良さそうですね。
お酒の酸味がまろやかに。甘味に躍動感が出る?

サンラータン

キレがよい日本酒なので、お魚料理のくさみ切りにも効果的な予感。
ちょっと、試してみます。

鮭や野菜をオーブンで焼いたもの。
ポン酢なんかで食べると、マッチング度アップです。

鮭と野菜のグリルや気

白身魚のフライを南蛮漬けに。

サッと口の中がリフレッシュするし、甘酸っぱい味付けもいい感じ。
甘味は抑え気味で、サッパリ味にした方が合いますね。

藤居本家さんの酒粕で作った粕汁も添えて。

白身魚のフライを南蛮漬け

なんとな~く、ケーキと合わせて見たくなったので。
白いブッシュドノエルを。

わるくないんだけど・・・さすがにコーヒーか紅茶でいい気がしましたね。(^^;

ブッシュドノエルけ

この脱兎は、なかなか使い勝手が良い無濾過生原酒です。
日本酒らしい、懐の広いペアリングを見せつけてくれました。

よほど濃醇な料理でなければ負けないし、よほど淡泊な料理でなければジャマしない。
さらに、飲みやすくて、ウォッシュもきくという。

ダット
やるな~、脱兎。いやぁ、すごいすごい。
やるやるとは聞いてたけど、やっぱやるね!脱兎すごいわ、脱兎。
ニャコ
・・・。

「硬水仕込みのお酒は、寝かすとよくなる」と聞いたので。
次回は、ビンを移し替えて放置してみたい!

まとめ

羽田酒造さんの“脱兎 野兎の宴 無濾過生原酒”を飲みました。
甘味ほんのりだけど、酸味がありシッカリ記憶に残る味わいになっています。

無濾過生原酒にしては穏やかで飲みやすく、かといって淡泊すぎず。
家庭料理でペアリングしやすい味わいで、とくに洋食や魚料理に合わせやすそう。

買ってすぐに開栓したところ、すこし硬質な味わいを感じました。
しばらく寝かせると、味わいが開いてまろやかになるかも?そんな予感がしました。

以下、このお酒の概要です。

蔵元 羽田酒造 有限会社
分類 純米酒
酒米 京の輝き
精米歩合 60%
アルコール度 17.5度
日本酒度 -
酸度 -
購入価格 1,404円(税込)/720ml

羽田酒造の清酒取扱店はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

ダットのline@

\ シェアしてもらうと喜びます /

-飲んでみた

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.