京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

道灌“特別純米生原酒 渡船うすにごり”(太田酒造)を飲んでみた

更新日:

家呑みログ、6本目。

太田酒造さんの道灌蔵で“道灌 特別純米生原酒 渡船 うすにごり”を買いました。
ブログを始めてから、初めての滋賀県産日本酒です。

ダット
楽しみ、楽しみ。

では、さっそくレポートしますね。

“道灌 特別純米生原酒”の袋しぼりとは?

太田酒造さんの道灌(どうかん)蔵まで、酒蔵見学に行ってきました。

↓見学の様子は、こちらで書きました。

1,844view
滋賀県草津市にある太田酒造道灌(どうかん)蔵に行ってみた

お盆の最中に酒蔵見学してきました。 滋賀県草津市にある太田酒造さんの道灌(どうかん)蔵です。 人生初の日本酒蔵見学でドキ ...

続きを見る

直売所でいろいろ試飲させてもらい、買ったのがこれです。

道灌 特別純米生原酒 表道灌 特別純米生原酒 裏

滋賀県産の酒米“渡船6号”で作ったお酒で、上槽は袋しぼりです。

見学前に予習しておいてよかった。
たしか、袋しぼりってすごいんですよね?

圧搾機を使わず、醪(もろみ)を入れた酒袋を吊るして滴り落ちたお酒だとか。
繊細な味と香りで、そのお酒の本領が発揮されるそうです。

ダット
渡船ではなく、山田錦で作ったものもありました。
試飲したら渡船の方が京都の日本酒に近く、落ち着く感じがしたのでこっちを買いました!

ちなみに、You Tubeに太田酒造さんの袋しぼりの様子を撮ったものがありました。

なるほど、こんなふうにやるんですね。
たしかに機械でギュってやるより、美味しいのができそう。

飲んでみた感想は・・・メチャうまい!!
なんとも複雑で、奥ゆかしく、上品な味と香り・・・。

濃醇な甘味だけど、すごく穏やかで澄んだ味わいです。
酸味が少なく、美味しいイチゴを食べたときのような満足感があります。

アルコール感もここちよく、甘さをグダグダ引っ張りません。
今のところ、お気に入り暫定1位かも。

口中調味したくない日本酒“道灌 特別純米生原酒”

“道灌 特別純米生原酒”をいろんな料理と合わせてみました。
結論、どんな料理ともうまく合う!

これね、どんな料理とも「よく合う」じゃなく「うまく合う」だと思うんです。
例えるなら、すごいスマート(いい意味で賢い)で誰とでもうまく合わせられる女性。

でも、芯があって感情が複雑で、そこはかとなく凛としたものを感じる。
相手を立ててつつ仲良くするけど、心の奥には孤高を宿す人・・・みたいな。

ダット
もう、何と言っていいかわからん複雑さです。
ただただ、飲むたびに「あぁ、うまい・・・」としか言えない。
ニャコ
ボキャ貧なのを、うまくごまかしやがったな。

なので、料理が口の中に残っているときに飲みたくないというか・・・。
シッカリ口の中を空にしたあと、すかさず味わいたい日本酒なんです。

そうすると料理のうまさの余韻に浸りながら、道灌嬢の個性もしっかり味わえる。
道灌嬢と料理は、ない交ぜにしたくない!・・・そんな感じです。

ダット
そうそう、敬意と親しみと愛情と憧れを込めて“道灌嬢”と呼びたい感じ。
ニャコ
浮気か?表札、わたしの旧姓に書き換えるよ?

いやぁ~、うまい。
愛情持って、育てられたんだろうなぁ・・・。

これで、1,587円はコスパ高いと思う。

“道灌 特別純米生原酒”と居酒屋メニュー

開栓初日。
“道灌 特別純米生原酒 渡船 うすにごり”と居酒屋っぽいメニューを合わせてみました。

まずはタコとキュウリの酢の物。
それと、薄味で旨味たっぷりの鶏ハム。

タコとキュウリの酢の物鶏ハム

続いて、レンコンとニンジンのピリ辛きんぴら。
そして、冬瓜(とうがん)を炊いたん。上品な甘味と旨味です。

ちなみに「炊いたん」は「炊いたもの」という意味です。
京ことばですかね?

レンコンとニンジンのピリ辛きんぴら冬瓜を炊いたん

メインは鮭としめじのホイル焼き。
味付けは醤油、バター、ニンニク。しめじの旨味も、いい風味。

鮭としめじのホイル焼

酸味のある料理。辛味のある料理。旨味や塩味。
やっぱり、なんでもうまく合うのです。

素敵な、日本酒だなぁ。

“道灌 特別純米生原酒”と唐揚げ

開栓二日目は、サラダと唐揚。
旨塩味の唐揚げと“道灌 特別純米生原酒”の組み合わで「プハァ~」ってなります。

サラダ唐揚げ

続いて、出来合いの海鮮巻き。
生鮭も旨味と塩味が美味しい。続けて道灌を飲むと、後味サッパリ。

海鮮巻き

添え物に、甘酸っぱいユズ大根のお漬物。
京都のお漬物、おいしいですよ~。

ゆず大根のお漬物

唐揚げ&サラダだけなら「とりあえずビール!」かもしれませんが。
海鮮巻きやゆず大根は、道灌嬢のエスコートで美味さが引き立ちます。

食後にチョコや花豆と一緒に、ロックで。

道灌ロック

ロックにすると、道灌嬢が道灌婦人に。
角がとれて、まろやか。おとなの包容力が出た感じです。

“道灌 特別純米生原酒”と魚の干物

もういっちょ。三日目。

トマト&甘酸っぱいドレッシング。キュウリ&塩昆布。
カボチャの炊いたん。ピリ辛コンニャク。

カボチャ、トマト、コンニャク、キュウリのおつまみ

沼津の人にもらった金目鯛とサバの干物も焼く!
静岡の干物は、感動的に美味しい・・・だからこそ“道灌 特別純米生原酒”で。

金目鯛とサバの干物

やっぱり、焼魚は日本酒と仲良し。
しっかり魚を食道に落としたあと、余韻があるうちに道灌を飲む。

吐息するほど、美味しいです。

ニャコ
アカン!道灌があると良い食材が欲しくなるわ。
エンゲル係数上がってまう!!(チラッ)
ダット
え?なんでチラッてこっち見たん?
ニャコ
仕事、おきばりやす♥

まとめ

道灌 特別純米生原酒 渡船 うすにごり”は、袋しぼりで上槽した無濾過酒です。
繊細で複雑な甘味がする、とっても美味しい日本酒でした。

どんな料理ともうまく合うのですが、料理の味と混ぜずに道灌だけシッカリ味わいたい、そんな個性的なお酒です。

いつでもどこでも買える日本酒ではないようです。
運良く見つけたら、また買いたいなぁと思いました。

蔵元 太田酒造 株式会社
分類 特別純米生原酒
酒米 渡船6号100%
精米歩合 60%
アルコール度 17%以上18%未満
日本酒度 +1.5
酸度 2.0
購入価格 1,587円(税込)/720ml

ご購入はこちら(太田酒造公式通販)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

ダットのline@

\ シェアしてもらうと喜びます /

-飲んでみた
-, , , , ,

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.