京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

美冨久“山廃純米新酒生原酒あらばしり”(美冨久酒造)を飲んでみた

更新日:

家呑みログ、32本目。

今回は“美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり”を飲みました。
先日行ってきた“冬の酒蔵めぐりハイキング”で買ってきたお酒です。

山廃ならではの酸味と、あらばしりのフレッシュ感が心地よいお酒でした。

ではさっそく、レビューしますね。

“美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり”を飲んだ感想

先日、寒い中を湖南市の甲西駅から石部駅までハイキングしてきました。
そのイベントの詳細はこちら。

218view
湖南市旧東海道を歩く“冬の酒蔵めぐりハイキング”に行ってきた

2018年2月11日、三連休のど真ん中。 湖南市の“冬の酒蔵巡りハイキング”に行ってきました。 けっこうな人出で、とって ...

で、いろいろ日本酒の試飲をしながら家飲み用に1本買ったのがこれです。

美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり 表
美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり 側面

試飲したとき、めっちゃ美味しかったんですよ。
これは燗にしたらホッコリするだろうな~って思いました。

しぼりたて 新酒 あらばしり”のフレッシュさと、山廃仕込みらしい酸味が冴える。
数か月前までこういう酸味の良さがわからなかったのに、今は好きです。

「あらばしりって、なに?」と言う方は、こちらをどうぞ。

373view
迷わず買える♪初心者が日本酒ラベルで注目すべき5つの項目

日本酒入門者のボクは、1,000円ぐらいの日本酒買うときも悩みます。 なぜか? 日本酒ラベルに書いてあることの意味がわか ...

じゃあ、さっそく。
まずは常温で飲んじゃいます。

ダット
おぉ、酸味がうま~い!ホッコリする。
ニャコ
わたし、美冨久さんのお酒好きやわ。
これは、和食とかシッカリした味付けの料理と合うで。
ダット
苦味とか辛さもあるんやけど、酸味のおかげでマイルドに感じる。
甘味もいい具合に抑えられてるなぁ。
ニャコ
もっと荒々しいかと思ったけど、ホンマ落ち着いた味わいやわ。

燗にしてみると、さらに酸味が冴えわたりました。
苦味が抑えられ、いっそうマイルドな味わいに。

とっても穏やかな香味の日本酒です。

三連星もいいけど、美冨久もいいなぁと思うこのごろ。
こんど、飲み比べてみようかな。

- スポンサーリンク -

“美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり”でペアリング

さて、山廃美冨久とのペアリングですが。
まずは魚で一杯やりたいということで、ブリを買ってきました。

正直、うちが行くような京都市内の安いスーパーは、あまりいい魚置いてない。
でも、山廃美冨久があればきっと大丈夫!

ブリ

ほへぇ~、身も心もほぐれる美味さ。
シンプルな塩焼きのブリに山廃美冨久、合うわぁ。

この酸味や旨味は、刺身より焼き魚ですよね。

もう一品、明治屋の“広島県産かき燻製油漬”で造った小皿料理も。
ケチャップとか豆板醤で味付け。臭みを抑えるため、低温です。

広島県産かき燻製油漬

うんうん、牡蛎(かき)もええのう。
山廃と魚介系は、いかんともしがたい美味しさ。

ちょっと洋食寄りの料理も、試してみましょう。

たぶん、こういうの合うと思うんですよ。
肉の旨味がホッコリする、メンチカツ。

メンチカツ

なんの違和感もない。
山廃美冨久の酸味旨味と、メンチカツの塩味旨味が合う。

ソースより味噌カツみたいな感じにしたら、もっといいかも。
おろしポン酢なんかより、だんぜん醤油や味噌系。

乳製品やクリーム系も良さそうに思うので、シチューいってみます。

クリームシチュー

これまた、なんの違和感もない。
もしかすると、ビーフシチューならもっといいかも。

酸味は慣れると好きになるっていいますけど、ホントそう思う。
山廃美冨久の酸味は懐が広いので、いろいろな料理と合いやすいですね。

こんなのも、試してみましたよ。
牛丼です。笑

牛丼

イイ感じ。
やっぱり、肉の旨味と相性いい気がします。

もいっちょ、もつ鍋。

もつ鍋

熱々の鍋と、冷酒の“美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり”のペア。

あぁ、至福。

日本酒に飲み慣れ、生酛や山廃がおいしく感じ始めた

酸味や苦味って、慣れると好きになるらしいんですね。
参考 味博士の研究所

心当たりある人、いませんか?
コーヒーとか、ビールとか、りんご酢のジュースとか。

以前美冨久酒造さんに行ったときは、いろいろ飲み比べて「三連星うま!」と思ったんです。
でも、今回美冨久の山廃を飲んでみて「あ、こっち好きかも」と感じました。

ダット
これってやっぱり、日本酒の酸味に慣れて好きになってきたってことですよね?
三連星

今年の年始ごろは・・・。
新酒飲みたい!無濾過生原酒飲みたい!なんて思ってたんですけど。

最近は、お酒買うときや日本酒イベントで穏やかな味のものを探してしまいます。
あと、燗映えする日本酒とか。

ニャコ
なんか、好みがフラフラ変わってるやん。
ダット
迷走ちゃうで!探求や!

「お気に入りの京都・滋賀酒をみつける!」をテーマにブログ書いてますけど。
まだまだ先は長そうです。

まとめ

美冨久 山廃純米新酒生原酒 あらばしり”は酸味が心地よい日本酒でした。
“新酒あらばしり”らしいフレッシュさもありつつ、意外と穏やか。

コテッとした純和風料理や、洋食にも合わせやすい日本酒ですよ。
とくに「気持ちがホッコリする旨味料理」とはよく合いそうな印象です。

お肉を使った料理、乳製品を使った料理は好相性でした。
美冨久の冴えわたる酸味が、ひきたててくれます。

以下、この日本酒の概要です。
(残念ながら、購入価格を忘れました)

蔵元 美冨久酒造 株式会社
分類 純米酒
酒米 国産米
精米歩合 70%
アルコール度 18%
日本酒度 +4.7
酸度 2.3
購入価格 たぶん1,300円(税込)/720ml

この日本酒の購入はこちら(美冨久酒造の公式通販)

\ いいね!&フォロー、大歓迎 /

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

\ この記事をSNSでシェア /

-飲んでみた
-, , , , , ,

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.