京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

「滋賀県 近江鉄道 地酒電車2018」乗車レポ♪日本酒11銘柄を堪能

更新日:

おで~ん電車だ、シュッポッポ~♪
日本酒電車だ、シュッポッポ~♪

失礼しました。

週末の夜、近江鉄道さんの“近江の地酒電車2018”に乗ってきました。
来年も乗ると確信するぐらい楽しかったので、レビューしておきます。

では、さっそく。

滋賀県の近江鉄道“近江の地酒電車2018”で日本酒を満喫

滋賀県の近江鉄道さんが“近江の地酒電車”というイベントをやってまして。
電車にゆられながら、おでんや近江の小料理、地酒11銘柄を飲み食いできるんです。

これは楽しそう!ということで、3月9日の夜の便に乗ってきました。
この回の出発は彦根駅。八日市駅で折り返して、また彦根駅に戻る行程です。

通常運行では片道30分程度みたいですが、トイレ休憩も入れつつ往復2時間の旅
行きも帰りも尼子駅で停車&折り返しの八日市駅で長めの休憩が入ります。

当日はメッチャ寒くて・・・。
ちょっと早めに彦根駅に着いたんですけど、ホームで立ってられず。

JRとの連絡通路に避難したところで、ひこにゃんの絵がドーンっと。

ニャコ
ひこにゃん先輩♥
撮って!撮って!一緒に写真撮って!
ダット
ついでに、ハリケーンミキサーしてもらえ。

( #`Д´)=○)`Д゚).・;’∴

予想どおり、ボクがハリケーンミキサーされました。

ということで、パシャ。

ひこにゃん先輩

そんなことしてるうちに、定刻前に。
受付済ませたところで、電車がホームに入ってきました。

窓から見える車内に、テンションあげあげ。

地酒電車

ドアがあいたぞ!寒いから、さっさと乗車だ!
で、4人掛けのテーブルにお行儀よく順番に座っていきます。

地酒電車の車内

ちょっとした開会のあいさつのあと、さっそく宴開始。
なんか雰囲気いいBGMが流れ、気分盛り上がります。

予めテーブルに置かれているのは、おでんと近江の小料理。
それと、プラのカップが11個。

おでんは、ひもを引くと蒸気で温まるタイプですね。
滋賀の名物、赤コンニャクも入ってます。

おでん

小料理も、おいしそう。

電車のユレの中、豆は食べにくかった。笑

近江の小料理

カップには、順番に近江の地酒を注いでくれます。

まずは、全種類を利き酒。
あとは、好きなものだけ飲める方式です。

常に11銘柄が巡回しているので「それ、入れてください」とお願いすればOK。
ストックのお酒がなくなるまで、飲み放題です。

利き酒タイム

スタッフさんは、このイベントのためだけのアルバイトさんかな?
大学生っておっしゃってました。

なので、お酒のことを詳しく聞いたりはできない感じです。

でも、ちゃんと各銘柄の詳しい説明書きがあるので安心。
特徴を確認しながら、飲み進められます。

地酒銘柄の説明

そうこうしてるうちに“松の司”が無くなったとか。
“七本鎗”も回ってこないので、切れたのかな?

人気銘柄は、早いですね。

でも「お酒が足りない!」なんてことはなかったですよ。
終着まで、シッカリ楽しめました。

地酒電車は宴もたけなわ

わりと、遠くから参加された人もおられるようです。
「電車と日本酒が好き」というお隣さんは、横浜からご参加とか。

袖触れ合うも他生の縁。
「どのお酒が好きですか?」みたいなお話で盛り上がりました。

かなりの揺れの中での宴でしたけど、それもまた情緒というか。
旅してるみたいで、楽しかったです。

- スポンサーリンク -

近江鉄道“近江の地酒電車”とは?

「次回は参加してみようかな」という同志のために。
イベントの内容を、もう少し詳しく書いておきますね。

近江鉄道さんの地酒電車。2018年は、1月26日から3月10日まで運行しました。
ただし毎日ではなく、毎週「木・金・土」のみになります。

ダット
土曜日は、定員に達するのが早いようです。
ちなみに増発されて、3月16日&17日が追加されました。

で、途中でお酒の内容が切り替わります。

  • 2/17まで ⇒ 純米酒電車
  • 2/22から ⇒ 大吟醸プレミアム電車

いずれも日本酒飲み放題。
おでんと近江の小料理付きです。

が、値段が変わります。

  • 純米酒電車 ⇒ 3,900円
  • 大吟醸電車 ⇒ 5,500円

予約は近江鉄道さんのホームページからできました。
参考 近江鉄道公式サイト

純米酒電車の埋まり方は、すごかったですね。
かなり早い時期から、定員に達した日が続出してました。

ダット
ボクも金曜日のプレミアム電車しか取れなくて・・・。
でも、純米大吟醸と大吟醸、とっても美味しかったので満足です。

ちなみに、申込時に予約しておくと以下の料理が追加できました。

オプション料理

  1. 焼き鯖寿司(4切れ650円)
  2. 千成亭特製 近江の食材盛合せ(1,000円)

ボクも、ひとつずつ予約してみました。

ちなみに、これが焼き鯖寿司。
美味しかったですよ。日本酒とメチャ合う。

焼き鯖寿司
ダット
鮒(ふな)寿司食べてみたかったけど、これはこれで大満足。

さて、座席についてですが、席は指定されています。
受付で、席順表がもらえます。

こちらから席位置の指定はできません。
運任せ。

ニャコ
長テーブルは4人掛けやし、中の2人は出入りしにくいで。
ダット
トイレ近い人は外側に、グループ内で調整して座るといいね。

ちなみに、電車の中はそんなに寒くないです。
ちゃんと暖房きいてます。

トイレ休憩の停車中も、ドアは手動開閉になります。
開けっ放しにはなりません。

ダット
スタッフさんの接客はよかったんですけど、忙しそう。
40名近くを、2人ぐらいで対応してる感じでした。
ニャコ
日本酒は、けっこう回ってくるんやけどね。
お水があんまり回ってこなかったね。

できればお水は持参して、スタッフさんに協力してあげたいところ。
駅の自動販売機で買っておくのがいいかもです!

近江鉄道“大吟醸プレミアム電車”で飲める日本酒

■

さて、たぶんここが一番興味あるとこですよね?
ボクが乗った“大吟醸プレミアム電車”の11銘柄を載せておきましょう。

会社名 銘柄名 アルコール度 精米歩合 日本酒度 酸度
冨田酒造 有限会社 七本鎗 純米大吟醸 渡船 15~16度 50% +3.5 1.6
多賀 株式会社 大吟醸 多賀 16度 35% +2.0 1.2
株式会社 岡村本家 長寿金龜(きんかめ) 黒50 16~17度 50% +2.0 1.3
藤居本家 旭日(きょくじつ) 大吟醸 15度 50% -1.0 1.2
中澤酒造 有限会社 一博 純米大吟醸 16.8度 45% +2.0 1.8
畑酒造 有限会社 大治郎 純米大吟醸 17.5度 45% +4.0 2.0
近江酒造 株式会社 大吟醸 錦藍(きんらん) 16.4度 40% +4.0 1.5
喜多酒造 株式会社 喜楽長 50%純米大吟醸 17.5度 50% +0.5 2.2
松瀬酒造 株式会社 松の司 純米大吟醸 陶酔 16~17度 45% +1.0 1.3
美冨久酒造 株式会社 三連星 赤 純米大吟醸 16度 50% +2.7 1.5
北島酒造 株式会社 大吟醸 御代栄 15~16度 50% +5.0 1.4

近隣の人を見てると、利き酒では“大吟醸 多賀”が人気の様子でした。
とってもスッキリ、飲みやすかったです。

一博 純米大吟醸”や“三連星 赤”も飲みやすい甘味で、女性に人気でした。

ニャコ
わたしも多賀おいしかったわ。
三連星は安定の華やかさやし、長寿金龜も好き。
ダット
大治郎の熟成感とか、錦藍の深みのある味わいがおいしかった!
今回、日本酒度が一番高かった御代栄もうまかったなぁ。

ホント、どの銘柄もぜんぜん違う味わいで、どれも美味しかったです。
日本酒のそういうところ、いいですよね。

まぁ、おでんと小料理がマッタリおいしかったので、それを考えると・・・。
コクや酸味があった大治郎喜楽長あたりがとりわけ合ってたような?

うん、楽しいイベントだった。
来年は、早めに純米酒電車を押さえたい!

まとめ

近江鉄道の地酒電車は、なかなか情緒あふれる素敵なイベントでした。
ガチャコン電車にゆられながら、おでんや小料理と近江の地酒を堪能できます。

参加する日程によって、飲める日本酒が変わります。
ザックリ、2月中旬まで純米クラス。2月下旬から大吟醸クラスが楽しめます。

家飲みや酒場飲みとは一味違い、ちょっとした旅行気分が味わえたり。
お隣さんとのお酒トークを楽しんだり。非日常感がいいですねぇ。

ダット
来年も、いくぜぃ。
ニャコ
ひこにゃんに、会いに行くぜぃ。

以下、イベントの概要です。

イベント名 近江の地酒電車 2018
コース 1、彦根駅→八日市駅→彦根駅
2、近江八幡駅→尼子駅→近江八幡駅
所要時間 約2時間
乗車料金 純米酒電車:3,900円
大吟醸プレミアム電車:5,500円
乗車料金に含まれるもの 1、おでん&近江の小料理
2、近江の地酒11銘柄飲み放題
3、近江鉄道(電車)全線1日乗り降り自由
問い合わせ先 近江トラベル各支店
(営業所のご案内)

運行スケジュールや最新情報はこちら。

近江鉄道の公式ホームページ

\ いいね!&フォロー、大歓迎 /

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

\ この記事をSNSでシェア /

-行ってみた
-

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.