京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

「純米吟醸 涼 生貯蔵酒(玉乃光酒造)」を飲んだ感想

更新日:

家呑みログ、2本目。
玉乃光酒造さんの“純米吟醸 涼 生貯蔵酒”を買いました。

「純米吟醸」とか「生貯蔵」とか、日本酒初心者には美味しいそうに聞こえます。
しかも、京都産の酒米“”と“京の輝き”で作ったのだとか。

どんな感じか、勉強しながら飲みたいと思います。

さっそく、レポートしますね。

玉乃光酒造の“純米吟醸 涼 生貯蔵酒”を購入

暑くなってまいりました・・・。
バス停でバスを待ってるだけで、じんわり汗が・・・。

京都の夏は、換気扇が壊れた風呂の中と変わりません。
たぶんスフィンクスさんとかでも「京都www鎮座無理wwwww」って思うレベル。

「うわぁ~、冷えた日本酒飲みたいわ~」と思いながら出勤しました。

燦々と輝く太陽

で、帰りにフラっと酒屋に吸い込まれてみると、目の前に「」の字が!

青いビン!涼しげなラベル!季節限定の文字!
無理なく買える値段設定(税別980円でした)!

裏を見たら「キリッと冷やしてお召し上がりください」って!
ゴクリ・・・。

純米吟醸 涼 生貯蔵酒 表
純米吟醸 涼 生貯蔵酒 裏

迷わず買いました。

ダット
子供並みの視野角になったボクは、他の日本酒が目に入らず・・・。
2秒後には酒ビン抱えてレジに並んでました。

涼冷え(すずびえ)で冴える辛口

日本酒は、米の甘味と旨味、アルコールの苦味がおいしいですよね。
日本酒を冷やすと甘みは淡く、苦味は冴えるように感じるのだとか。

冷酒や熱燗のことについても、調べてみましたよ。

1,616view
日本酒の飲み方入門♪冷酒って?熱燗って?最適温度は何度?

日本酒は、いろんな飲み方で楽しめます。 そのまま飲むのが好きな人もいれば、カクテルにするのが好きな人もいるでしょう。 ダ ...

“涼”は、やっぱり冷酒でしょ。
さっそく「キリッと冷やしてお召し上がり」になっちゃいたい!



よく考えたら、冷えるのに時間がかかる・・・。
ぐわぁああぁあああーー!!

ニャコ
うるさいよ。
常温で飲んだらええんちゃうん。
ダット
えぇええええーー、いやや。
冷酒気分なんやもん。

お腹がすいているので、冷えるの待たず。
この日はお預けということで。

気を取り直して、仕切り直し。
翌日、ニャコさんが和風パスタを作ってくれました。

和風パスタ

涼は、甘くて爽やかな香りがしました。
大葉の香りと好相性に感じます。

やや辛口で、冷やすとキレよく爽快な飲み心地。
パスタの油でベタつく口の中を、サラッと洗い流してくれる感じです。

和風サラダとも、よく合います。

和風サラダ

トマトと合わせると、口当たりが更に淡麗になる感じがしました。
トマトと日本酒のサッパリした甘味が、なんかいい感じ?

うま味と塩味があって油を使う料理とよく合う

キノコとほうれん草の和風パスタとの相性がよかったので。
同じく、うま味や塩味がある料理に合わせたいな・・・ということで。

次の日は、鶏肉のバジル風味

鶏肉のバジル風味

うん、合う。
シイタケもジャガイモも、バッチリ。

休日のお昼に、ケンミン焼きビーフン

ケンミン焼きビーフン味

合うわぁ~、ビーフンと辛口日本酒合うわぁ~。
神戸の人、絶対に灘の男酒とケンミン焼きビーフンを合わしてると確信。

暑い休日、昼間から冷酒。
最高でした。

ダット
味がサッパリした料理には、辛口合うなぁ。
ボクとニャコさんみたいやね。
ニャコ
ホンマ、自分いっつも辛口過ぎんで。人生もブログも。
反省しいや。
ダット
・・・。

焼き鳥の皮とも合いました。
炭火焼きの香りと日本酒の香りも、何かイイ感じ。

鳥皮

鳥皮は、大丸京都店内の「京鳥(みやこどり)」さんでテイクアウト。
コンロのオーブンで焼き直すと、メチャ美味しかったす。

まとめ

暑くなると、体が塩分を欲しがりますよね。
そうすると、塩味や旨味がきいたサッパリ味の料理が食べたくなります。

ダット
それと、冷酒。

玉乃光酒造さんの“純米吟醸 涼 生貯蔵酒”は、お手頃価格で夏料理と好相性。
やや甘くて爽やかな香り。ほのかな甘味とうま味。アルコールの苦味も穏やかでした。

キリッと冷やすと辛口が冴え、食欲をそそってくれました。
油っこい料理にも合いましたよ。

以下、この日本酒の概要です。

醸造元 玉乃光酒造 株式会社
分類 純米吟醸酒
酒米 祝、京の輝き
精米歩合 60%
アルコール度 14%
日本酒度 +3.5
酸度 1.6
購入価格 980円(税別)/720ml

玉乃光酒造の公式オンラインショップはこちら

\ いいね!&フォロー、大歓迎 /

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

\ この記事をSNSでシェア /

-飲んでみた
-, ,

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.