京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

月桂冠「甘酒」を3つのアレンジレシピ(甘味マイルド化)で飲み比べ

更新日:

先日、月桂冠サポーターのお試し用に甘酒をいただきました。
せっかくいただいたので、飲み方をアレンジしてみようかなぁと。

甘酒は、独特の風味と甘味がありますからね。
なかなかゴクゴク飲めないし、たくさん飲むとあきてきます。

そこで、甘味をマイルドにできるレシピを3つ試してみました。
さっそく、ご紹介したいと思います。

では、さっそく。

甘酒レシピ3種類飲み比べ

とりあえず、これを見てもらいましょう。
下の表は、ボクが適当にまとめた「味の相互作用」の表です。

味の相互作用

甘味を抑制したいなら、苦味か酸味を足すとよいです。
(甘味に少量の甘味や塩味を足してしまうと、さらに甘味が強調されてしまいます)

でも、酸味足すのはちょっと嫌なので苦味を足してみたいと思います。
ということで、冷蔵庫にあった無糖のコーヒーと炭酸水を使うことにしました。

それから「甘酒にミルクを足すと美味しい」と聞いたので、それも試してみましょう。

甘酒アレンジレシピ飲み比べ
今回の甘酒レシピ

  1. 甘酒+炭酸水(6:4)
  2. 甘酒+無糖コーヒー(5:5)
  3. 甘酒+牛乳(4:6)

結論から言うと、上のリストの順にオススメ。
どれも、甘酒をストレートで飲むより飲みやすくなりました。

ダット
配合比率は、個人的なベスト比率を載せてます。

いやぁ、夏は甘酒のアレンジレシピがいいですね。
甘味がマイルドになり飲みやすくなるし、栄養補給もできます。

ちなみに、どれも氷入れてOKです。
甘酒が濃厚なので、水で薄まっても喉越しよくなるぐらい。

それぞれ、詳しく感想を書いておきますね。

甘酒+炭酸水(6:4)

甘酒+炭酸水

爽やかで、カルピスソーダみたいな味わい。喉越しよいです。
すごく飲みやすい。夏は、これがイチオシ。

汗をかいたあとの水分補給など、ゴクゴクいきたいときにおすすめ。
運動のあと、カレーパン食べながら飲んでみたい気分。

ということで、やってみました。

カレーパンと甘酒の炭酸水割り

おぉ!「カレーパン + 甘酒ソーダ」めっちゃ合う。
「ハンバーガー + コーラ」ぐらいの勢いで合う。

炭酸水は、甘くないやつを使ってください。
サイダーとかラムネは、だめですよ。

甘酒+無糖コーヒー(5:5)

甘酒+無糖コーヒー

変わった味!なんだ、これ!?わるくないですよ、癖になりそう。
コーヒーカクテルみたい?なんかちょっと、大人の味です。

コーヒーの無骨なぐらいの苦味が、よく馴染む。
朝、サラダやトーストを添えて、目覚めの一杯にいいかもしれません。

米麹で作った甘酒ならブドウ糖が入ってるので、頭がシャキッとするかもです。

甘酒+牛乳(4:6)

甘酒+牛乳

濃厚さやコクがアップしたように感じる!
マッタリやわらかな甘味になりますよ。

たとえるなら、優しい甘さの練乳とか?ヨーグルトドリンクとか?
3時のオヤツに、クッキーなんかと一緒に飲みたい感じ。

ちなみに、豆乳で割るとさらに濃厚になります。
サッパリさせたいなら、豆乳の量を多めにしましょう。

【番外編】甘酒+糖質ゼロ(5:5)

ひとつ番外編を。
アルコール入りのアレンジレシピです。

甘酒は、甘味を抑えると一気に飲みやすくなることがわかりました。
ということは、甘くない日本酒を入れると・・・。

甘味がない日本酒といえば・・・“月桂冠 糖質ゼロ”!!
さっそく、割ってみましょう。

甘酒+糖質ゼロ

あ、これうまい。
なんか、ヤバいの発見したかも。

甘酒の「甘ったるさや個性的な風味」がやわらいでる。
糖質ゼロの「甘味が無さ過ぎて飲みづらい」感じもない。

甘酒にアルコールを入れたり、糖質ゼロに糖質を入れるってどうなのか?
エスプリがきいてて、いいと思います。笑

ニャコ
「甘酒+糖質ゼロ」・・・お互いの弱点を補いあってるのか?
ダット
はたまた、お互いのメリットをつぶしあってるのか?笑
ニャコ
わたしら夫婦みたいやな。
ダット
ん?どっちの意味で?

どぶろく」ってこんな感じなんでしょうか?

すごく飲みやすくて、美味しいお酒になりました。
炙ったスルメと一緒に、夏の昼酒にいいかも。

今回使った甘酒はこれ

今回使った甘酒について、ちょっと紹介しておきます。

月桂冠さんから、赤い缶の甘酒を2種類いただきました。
でも公式通販をみると、青い缶の甘酒(冷やし甘酒)もあるような?

どうやら、月桂冠さんの甘酒は4種類あるみたいです。
ということで、足りない分を買いたしました。

甘酒

いちおう、文字でも書いておきますね。

月桂冠「甘酒」のラインナップ

  1. 甘酒
  2. 甘酒(生姜入り)
  3. 冷やし甘酒
  4. 冷やし甘酒(生姜入り)

詳しい説明は省きますけど、甘酒って2種類あるんです。
ひとつは「米麹(こめこうじ)の甘酒」で、もうひとつは「酒粕(さけかす)の甘酒」ですね。

じつは、甘酒は疲労回復に効いて美容・健康効果もあるんです。
で、米麹甘酒と酒粕甘酒では、その効果が少し違うんです。

詳しくは、こちらの記事に書きました。
興味ある方は、どうぞ。

86view
「飲む点滴」は麹米甘酒だけ?酒粕甘酒だって美容健康効果がある

最近、甘酒の売り上げが急拡大しているそうです。 今まで縮小の一途をたどってたのに、2012年から4年で4倍ですって! ど ...

で、月桂冠さんの甘酒は両タイプの甘酒をブレンドしてあるんです。
なので、2つの甘酒のいいとこ取りなんですよ。

ところで、普通の「甘酒」と「冷やし」甘酒は何が違うんでしょうね?

缶に記載されてる栄養成分表を見ると、食塩相当量が違いますね。
冷やし甘酒の方が、ほんのちょっと(0.04g)多くなってます。

甘酒の成分表

食塩相当量以外は、全部同じ。
味わいに、どんな差が出るのか・・・。

実際に飲み比べてみました。

甘酒飲み比べ

う~む。普通の甘酒と冷やし甘酒の味わいの差は、ほとんど感じられない。
しいて言えば、冷やしの方がほんのわずかに後味に酸味を感じて「爽やか感」がある?

そのぶん、冷やして飲んだ方が美味しいのかな?という印象ですね。
甘味も、少し深みとコクがあるような。

いっぽう、普通の甘酒は温めて飲むと良さそうです。
とくに、生姜入り。真冬に飲んだらホッコリするでしょうね。

ダット
ちなみに、ストレートで飲むなら生姜入りが美味しかったです!
アレンジレシピで使うなら「生姜なし」が使いやすそうです。

ということで、アレンジレシピには「冷やし甘酒 生姜なし」を使ってみました。

こういうときは、米の粒が残ってないサラッとした甘酒がいいですね。
上述の3つのアレンジは、米粒が残ってると口当たりがよくないかもしれません。

そういう意味でも「月桂冠 冷やし甘酒」は使いやすかったです。
参考 月桂冠「冷やし甘酒」

TBS「この差って何ですか!?」で紹介された甘酒レシピ

2018年4月17日に、TBSの「この差って何ですか!?」という番組で甘酒が登場しました。
そのとき紹介されてたレシピ3種類も紹介しておきましょう。

この3つの甘酒レシピは、美味しいうえに健康効果がアップするそうですよ。

「この差って何ですか!?」の甘酒レシピ

  1. 甘酒(100cc)+トマトジュース(100cc)
  2. 甘酒(100cc)+きな粉(小さじ1)
  3. 甘酒(100cc)+豆乳(100cc)

順番に、もう少し詳しく解説しますね。

甘酒(100cc)+トマトジュース(100cc)

トマト

甘酒にトマトジュースを同量加えることで、スッキリ飲みやすくなるとか。
「甘味+酸味」の抑制効果でしょうか。

トマトに含まれるリコピン抗酸化作用によって、老化防止につながるそうです。

甘酒(100cc)+きな粉(小さじ1)

きな粉

甘酒にきな粉を入れると、甘さが濃厚になって美味しいそうです。

食物繊維血糖値の上昇を抑えられるとか。
米麹の甘酒はブドウ糖を含んでるので、やるなら酒粕の甘酒がいいかもしれませんね。

ブドウ糖は血糖値の上がり方が早いので「きな粉で抑える」というのはシュールです。

甘酒(100cc)+豆乳(100cc)

豆乳

甘酒に同量の豆乳を加えることで、甘味がまろやかになり飲みやすくなるそうです。

大豆イソフラボンによって、骨が強化されるとか。

ダット
ボクも豆乳で割ってみたけど、たしかに甘味がまろやかになる。
豆乳が6割~7割ぐらいになるように、タップリ入れてもいいと思う。
ニャコ
それ「甘酒のアレンジレシピ」じゃなくて「豆乳のアレンジレシピ」やな。
ダット
・・・そやな。

以上、番組で紹介されてた甘酒のアレンジレシピでした。

まとめ

甘酒は、疲労回復や美容・健康に良いそうです。
でも、あの独特の風味と甘ったるさは苦手な人も多そう。

それをうまく抑えたら、毎日おいしく飲めますよね。
ということで、甘味を抑えられそうなレシピを3つ試してみました。

ダット
結論、どれもかなり美味しかったです。とくにソーダ割りがグッド。
あと、お酒がOKなら「月桂冠 糖質ゼロ」で割るのもオススメです。

正直、甘酒のアレンジレシピがこんなに美味しいとは思いませんでした。
「甘酒はストレートが最高」って勝手に思ってました。

これからも、いろいろアレンジレシピを試しながら楽しみたいと思います。

月桂冠の甘酒の購入はこちら(月桂冠の公式通販サイト)

オススメの関連記事はこちら

\ いいね!&フォロー、大歓迎 /

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

\ この記事をSNSでシェア /

-買ってみた
-,

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.