京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ

美味しいご飯と日本酒と、時々、オツマミ

白杉酒造「ミラーミラー&ブラックスワン」飲み比べしてみた

投稿日:

家飲みログ、60~61本目。

白杉酒造さんの“ミラーミラー”と“ブラックスワン”で飲み比べしました。
どちらも、甘酸っぱい!だけど甘ダレせず、とっても美味しいんです。

こういうのは、常に一本置いときたいですね。
急に、無性に飲みたくなるし、実際「気づいたら無くなってた」って感じです。

さっそく、レビューしていきますね。

白杉酒造「ミラーミラー&ブラックスワン」飲み比べの感想

白杉酒造の営業兼蔵人・岸田さんが、京都の百貨店へ店頭販売に来られるという情報が!
とっても朗らかで素敵な人だと聞いたので、お会いしたいと思い買いに行ってきました。

実際にお会いしたら、ウワサどおりの良い人。
いろいろ説明していただき、2本買いました。

ダット
余談ですが、父の誕生日プレゼントにウィスキーを探してるって話をすると、それも選ぶのを手伝ってくださいました!感謝!
ニャコ
ええ人やな。

では、まずは“MIRROR MIRROR(ミラーミラー)無濾過原酒”から。

鏡をあしらったラベルデザインですね。
白雪姫の美魔女のように、妖艶で若々しいイメージのお酒だとか。

MIRROR MIRROR 無濾過原酒 表

裏ラベルには「リンゴのようなお酒」とも書いてありますね。

MIRROR MIRROR 無濾過原酒 裏

では、飲んでみた感想を。

ニャコ
香りから、リンゴのような酸味を感じるわ。
なんか、温かみのある香りやな。
ダット
うわぁ、ほんまや!甘味がリンゴや!みずみずしい甘酸っぱさ。
苦味は、ほとんど感じない。
ニャコ
とにかく甘味と酸味が立ってるなぁ。でも角々しさはないよ。
余韻短くてハケ方もきれいやし、めっちゃ美味しいわ!
ダット
アルコール度数が低いのも、ラクでいいね。飲みやすい。
この強い甘酸っぱさ、どうやって料理で合わせるか・・・やね。

これ、美味いです。
「さすが、白杉酒造さん!」って感じの甘味のあしらい。

つづいて“BLACK SWAN(ブラックスワン)無濾過原酒”を。

こちらもその名のとおり、ラベルに黒鳥が描かれてます。
「白鳥の湖」の黒鳥・オディールよろしく、連続フェッテで踊り狂って欲しいところ。

BLACK SWAN 無濾過原酒 表

裏ラベルによると「お米の甘さにクエン酸が溶け込む」そうです。
ご飯にレモンはかけたくもないですが、ブラックスワンはどうでしょうか?

BLACK SWAN 無濾過原酒 裏

では、飲んでみた感想を。

ニャコ
爽やかなような、マッタリなような。ラムネのような甘い香り。
ちょっと、ミネラルも感じる硬い香りも?
ダット
甘味は、ごはんのような甘味。ラムネのような爽やかな甘味も。
かな~り甘いね。でも、酸味とうまく混ざって美味しい。
ニャコ
なんか、良い意味で日本酒っぽくないわ。爽やかな飲了感。
ミラーミラーより、少し苦味が強いね。
ダット
濃醇。またまた、ペアリングが難しそうな甘さやけど・・・。
オツマミと一緒やったら、いくらでも飲めそうなぐらい美味しい。

これまた、美味しい。杯が進む銘柄ですね。
だけど、アルコール度数が高いので飲みすぎ注意銘柄です。

白杉酒造さんのメタリックなラベルのシリーズは、甘味と酸味が美味しいです。
ドンピシャこの味わいのお酒が欲しくなることがあるので、常備したいなぁ。

問題は、あっという間に売り切れる「人気商品」であること。
それと、この強い甘味を料理とどう合わせるかですね。

ダット
この2本は、よく似た味わいやね。
どっちも、強くて美味しい甘味が主体。
ニャコ
ミラーミラーは、リンゴのような甘酸味が特徴。
ブラックスワンは、爽やかな酸味と苦味が甘味を引き立ててるね。

ちなみに、うちは“ミラーミラー”が先に無くなりました。
アルコール度数が低くて飲みやすいのが理由だと思います。

甘酸っぱいのがお好きなら、めっちゃオススメ銘柄ですね。
やや力強い甘酸っぱさです。

- スポンサーリンク -

「ミラーミラー&ブラックスワン」でペアリング

なかなか、家庭料理とのペアリングが難しそうな日本酒ですが・・・。
濃いめで旨味のある料理が良いのではなかろうか、と予想。

まずは、中国の方に教えてもらった野菜炒めから。
これ、味付けは砂糖と醤油のみなんですけど、すごく美味しいです。

味の高さは合うとして、もうちょいお酒に渋さが欲しいところ。

野菜炒め

つづいて、ミートローフ。
超でかいハンバーグ。中にゆで卵が入ってます。

こういうのは、子供たちが喜ぶんですよね。
オーブンがあれば、カンタンにできるのもうれしい。

お酒との相性も、なかなか。
お肉の旨味や、デミグラスソースの甘味と合います。

ミートローフ

つづいて、酢豚で甘酸っぱさ対決。
ちなみに、我が家は豚じゃなくて鶏を使ってるので、酢鶏ですね。

これも、まぁまぁいい感じですね。
お酒と料理。お互いの味わいが、ふくらんでいいくようです。

酢豚ならぬ酢鶏

ゆで卵と鶏肉を、ダシと醤油、ミリンなんかと一緒にじっくり煮てみました。
優しいけど、しっかりダシの味わいが染みわたってます。

う~む。これは、ちょっと違ったかも。
生酛や山廃、あるいは落ち着きのある上撰なんかと飲むべき。

鶏肉とゆで卵煮

つづいて、チーズフォンデュ。

これは、爽やかな酸味主体の白ワインが飲みたくなりますね。
力強い甘酸味のある日本酒では、すれ違い気味。

チーズフォンデュ

最後は、アテ界の重鎮。
焼き鳥を投入します。

タレのほうがいいかな?って予想してたら、意外と塩でも大丈夫。
焼き鳥を味わいながら日本酒をワイングラスで飲むってのは、なんかよいですね。

焼き鳥

ということで、予想どおり。
うちの家庭料理は、善戦するも戦績ふるわず。

“ミラーミラー”と“ブラックスワン”には、アテ系のオツマミがいいですね。

ダット
それにしても、この2本はメチャメチャ無くなるの早かったな。
昼間、ちょっと蒸発してるんちゃうか?って思うぐらい。
ニャコ
(´▽`) '`,、'`,、
ダット
なんで、笑ろとんねん。

「ミラーミラー&ブラックスワン」で使ってる黒麹って?

さて、ちょっとだけお勉強してみましょうか。

“ミラーミラー”と“ブラックスワン”には、他の日本酒と違うところがあります。
それが何かというと“黒麹(くろこうじ)”です。

ところで「(こうじ)」って何でしょう?
種類総合研究所のホームページから、その説明を引用させてもらいます。

麹とは、米・麦等の蒸した穀物や蒸したいもに麹菌を繁殖させたもので、日本の伝統食品である清酒、しょうちゅうをはじめとして、味噌・醤油・酢など、発酵食品に広く利用されています。

ご存知のとおり、麹菌の働きによって米のデンプンが糖に変わります。
で、その糖が酵母の働きによってアルコールになるんですね。

一般的な日本酒は、黄麹(アスペルギルス・オリゼー)を使って糖化します。
いっぽう、黒麹(アスペルギルス・ルウチウエンシス)は泡盛に使われるそうです。

ちなみに、醤油発酵に使うのも黄麹(アスペルギルス・ソーヤ)。
さらに焼酎で使う白麹(アスペルギルス・カワチ)も含め、麹菌は国菌に認定されてます。

さて“ミラーミラー”と“ブラックスワン”に話を戻しましょう。
裏ラベルに、こんなことが書いてあります。

  • ミラーミラー「酒母黒麹仕込み」
  • ブラックスワン「全量黒麹仕込み」

ふむ、黒麹を使って仕込むと、黄麹と何が変わるのでしょうか?

黒麹の一番の特徴は、クエン酸を作るということ。
このクエン酸によって酒母や醪が酸性になるので、乳酸菌の添加が要らないそうです。

ポイント

日本酒の醸造では、乳酸菌が作る酸(乳酸)によって雑菌を死滅させる。酵母は酸に強いので、増殖することができる。

クエン酸は疲労回復や食欲増進効果があるそうなので、夏によく聞くキーワードですね。

こんな食べ物に、たくさん含まれていますよ。
味の想像、できますか?

  1. レモン
  2. ライム
  3. 梅干し
  4. キウイ
  5. グレープフルーツ

柑橘系の果物に、クエン酸を含むものが多いんですね。
爽やかな甘酸っぱい味が、想像できるでしょうか?

それから、黒麹で仕込むと素材の個性がよく表れるそうです。
どっしりとした旨味やコクも出やすいとか。

“ミラーミラー”と“ブラックスワン”の力強い甘酸っぱさは、まさしくそんな感じです。

まとめ

ミラーミラー”と“ブラックスワン”の飲み比べをしました。
どちらも力強い甘味と酸味が特徴的な、飲みやすい日本酒でした。

“ミラーミラー”は、リンゴのような温かみのある味わい。
“ブラックスワン”は、ラムネやブドウのような爽やかな味わいに感じました。

ペアリングはアテ系の料理か、オツマミがいいです。
このお酒単体でも、じゅうぶん楽しめる美味しさです。

以下、この日本酒の概要です。

MIRROR MIRROR(ミラーミラー)無濾過原酒

醸造元 白杉酒造 株式会社
分類 純米酒
酒米 京丹後産 夢ごこち
精米歩合 60%
アルコール度 13度以上14度未満
日本酒度 -15.0
酸度 2.8
参考価格 1,700円(税別)/720ml
created by Rinker
白木久
¥1,836 (2018/11/15 16:01:36時点 Amazon調べ-詳細)

BLACK SWAN(ブラックスワン)無濾過原酒

醸造元 白杉酒造 株式会社
分類 特別純米酒
酒米 京丹後産ミルキークイーン
精米歩合 60%
アルコール度 16度以上17度未満
日本酒度 -15.0
酸度 3.8
参考価格 1,550円(税別)/720ml
created by Rinker
ブラックスワン
¥1,620 (2018/11/15 16:01:36時点 Amazon調べ-詳細)

オススメの関連記事はこちら

\ いいね!&フォロー、大歓迎 /

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でダットをフォローしよう!

\ この記事をSNSでシェア /

-飲んでみた
-, , , , ,

Copyright© 京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.